クラブツーリズム TOP海外旅行を探すヨーロッパ中欧(オーストリア・チェコ・ハンガリー・スロバキア)旅行・ツアーウィーンの楽しみ方

ポーランド特集 東西ヨーロッパ地理・文化の架け橋 専用ページはこちら

ウィーンの楽しみ方

ハプスブルグ家栄光の都市 ウィーン

ウィーンってどんなところ

オーストリアの首都ウィーン。長きにわたってヨーロッパに君臨したハプスブルク家の、華麗なる宮廷文化が色濃く残る街並みが今でも残ります。音楽・芸術の都と称される洗練されたウィーンを、気ままにお散歩してみてください。

クラブツーリズムでは自由行動をご用意しているツアーもあります。出発前に行きたいところをチェック!心配な方は、添乗員がすごし方をご案内します。

ウィーンおすすめお散歩ルート

美術史博物館

オペラ座

カフェ・ザッハー

シュテファン寺院

ケルントナー通り

このページの先頭へ

観光をメインでまわりたい方

美術史美術館

  • (イメージ)
    (イメージ)
  • (イメージ)
    (イメージ)
  • 「ゆっくりとすごしたい!」と声があがるほど人気の高い観光地の1つです。博物館内はフラッシュなしの写真撮影なら可能です。また、博物館内にはソファもありますのでフェルメールやブリューゲル、ルーベンスやラファエロなどの名画を眺めながらゆったりとお過ごしいただけます。地元の方々の憩いの場としても人気があり、画家を目指す若者が勉強していたり、博物館内に設置されているカフェで美しい装飾品に囲まれながらの会話に華をさかせたり・・・と様々な地元の方の姿をみることができます。雨の日も晴れの日も楽しむことができる美術史博物館にて、ウィーンっ子体験をしてみてください。
  • オペラ座

    (イメージ)
    (イメージ)
    旧市街の入口に建つ国立オペラ座は1869年の初幕以降、音楽の都の象徴とされてきました。オペラ・バレエ鑑賞はもちろんですが、日中は1日数回内部見学ツアー※も行っております。豪華絢爛なオペラ座、日常とは切り離された雰囲気をお楽しみください。
    ※リハーサル等で内部見学ツアーが実施されない日もございます
  • シュテファン寺院

    (イメージ)
    (イメージ)
    旧市街のちょうど中央付近に佇む、まさにウィーンのシンボル。モザイク模様の独特な屋根が特徴的で、かつて音楽家モーツァルトの結婚式も行われた由緒ある寺院です。また塔へも登ることができ、ウィーン旧市街を見渡せるスポットにもなります。

このページの先頭へ

ショッピングを楽しみたい方

  • ケルントナー通り

    オペラ座から始まるウィーン旧市街のメイン通り。ここには数々のお土産屋さんが立ち並びます。お手軽なチョコレートなどお菓子からスワロフスキーまで、ウィーン土産はぜひここで調達を。

  • グラーペン〜コールマルクト

    旧市街の中でも有名ブティックが並ぶ通りで、かつては王宮御用達のお店が軒を連ねております。有名建築家が手掛けた建物も必見、当時の貴族も同じ景色を見てショッピングを楽しんでいたのではないでしょうか?

  • カフェ・ザッハー

    お買い物に疲れたら、是非カフェで休憩を。ウィーンにはたくさんの老舗カフェが並ぶのも魅力の一つです。中でも「ザッハー」は、お店の名前がつけられた“ザッハートルテ(チョコレートケーキ)”がお勧めです。


    (イメージ)

それでも不安な方は…クラブツーリズムのご旅行はほとんど添乗員がご同行致しますので、地下鉄の乗り方、自由食の際のレストラン選びなど現地の悩みは現地で解消!
  • ウィーンに行くツアーはこちら

オーストリア、チェコ、ハンガリー、スロバキアなどの中欧をめぐる旅行・ツアーのウィーンの楽しみ方ならクラブツーリズムにおまかせください。様々な民族間の摩擦や他国の支配を受けながら歴史を刻み、自国のアイデンティティーを守るため独自の文化を生んできた中欧。まるでモザイク画のような多彩な魅力溢れる中欧の美しい街並みをぜひご覧ください。

▲中欧旅行・ツアー ウィーンの楽しみ方の先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員