クラブツーリズム TOP海外旅行を探すヨーロッパコーカサス3国(アゼルバイジャン・ジョージア、グルジア・アルメニア)旅行・ツアー・観光旅日記

  • コーカサス3国特集
  • キプロス島特集

旅日記

担当者:鈴木良沙
担当者:鈴木良沙

魅力溢れるコーカサスへ行ってきました!
山、教会、食事たくさんの楽しみが詰まったアゼルバイジャン・アルメニア・ジョージアの3国。コーカサス3国周遊8日間の定番おすすめツアーをご紹介します♪

下記掲載同行日誌は、現在は終了しております。
ご参加いただいたお客様からのご意見をもとに内容を改善し新しくし販売いたします。
現在販売中の類似コースは下記のリンクより詳細をご確認ください。

コース番号:18026『燃油サーチャージ不要/添乗員同行/2都市2連泊/6つの世界遺産 アゼルバイジャン・アルメニア・ジョージア コーカサス3カ国8日間』

アゼルバイジャン国旗1・2日目 さあ、出発です!アゼルバイジャンへ

コーカサス3カ国周遊 8日間ツアーの始まりです!

カタール航空で、カタール国のドーハにて乗り継ぎです。2日目のお昼頃には、1カ国目のアゼルバイシャンの首都バクーに到着!早速バクーの旧市街観光へご案内です。
シルクロード時代のキャラバンサライの風景が立ち並ぶ旧市街からは、世界遺産シルバンシャフハーン宮殿の敷地からモダンなフレイムタワーの姿が見えました。2015年にはユーロオリンピックが開催され賑わった、油田で発展する近代都市を肌で感じました。

アゼルバイジャンの観光地情報はこちら

  • アゼルバイジャン バクーの乙女の塔(イメージ)
    アゼルバイジャン バクーの乙女の塔(イメージ)
  • アゼルバイジャン バクーの旧市街(イメージ)
    アゼルバイジャン バクーの旧市街(イメージ)

アゼルバイジャン国旗ジョージア国旗3日目 アゼルバイジャンからジョージアへ飛行機で!

バクーからトビリシまでは、飛行機移動でらくらく♪
「火の国」から「ワインの国」へ!

バクー郊外には、世界遺産コブスタン遺跡があります。1万年前から人間が住んでいた無数の洞窟では、狩猟や祭事の躍動感にあふれた壁絵を楽しみました。拝火教寺院では「火の国アゼルバイジャン」の側面を見ることができました。
ご昼食後は空港へ。カタール航空にて、約1時間15分で2カ国目のジョージアの首都トビリシに到着です。
ここジョージアでは、水よりもワインを飲むといわれているくらい皆赤ワインを好んで飲みます。またこの街の中にある、紀元前7世紀の「ワインを飲む人の像」は、ワイン発祥の地のジョージアらしい像です。さっそくご夕食でジョージアワインをお楽しみいただいたお客様もいらっしゃいましたね。お土産にもおすすめです。トビリシでは2連泊です。

お土産情報はこちら

  • アゼルバイジャン 世界遺産ゴブスタン遺跡の壁絵(イメージ)
    アゼルバイジャン
    世界遺産ゴブスタン遺跡の壁絵(イメージ)
  • アゼルバイジャン ワインを飲む人の像(イメージ)
    アゼルバイジャン
    ワインを飲む人の像(イメージ)

ジョージア国旗4日目 ジョージアの山の中に佇む教会を訪れます

憧れの軍用道路では、ポストカードで見るような
きれいな景色を…

本日はトビリシの北約20キロメートルにある、古都ムツヘタへ。ジョージア最初のキリスト教の教会であるジュワリ大聖堂からは、町全体が世界遺産のムツヘタのパノラマをお楽しみいただきました。
その後、ジョージア軍用道路を通って、アナヌリ教会へ。橋の上のベストフォトポイントからは、よくポストカードなどで見るようなきれいな写真が取れましたね♪
午後は、トビリシ市内に戻り旧市街観光へ。トビリシの市街は予想外に建物がモダンで近代的な印象です。ジョージア正教(グルジア正教)やカトリック、アルメニア教会のほか、ユダヤ教のシナゴーグなど多くの見所が詰まった街です。

ジョージアの観光地情報はこちら

  • ジョージア アナヌリ教会(イメージ)
    ジョージア アナヌリ教会(イメージ)

ジョージア国旗アルメニア国旗5日目 陸路で「石の国」アルメニアへ

1,700メートルの高地に建造された
「ゲガルト修道院」など世界遺産を見学します。

ご朝食後、一路アルメニアとの国境を越え、3カ国目のアルメニアへ!
アルメニアに入ると一面コーカサス山脈の美しい山が一面に広がります。さっそく山の岩場に建てられた「槍」を意味する存在感たっぷりの修道院、世界遺産ゲガルト修道院を見学。
雄大なアラガツ山を背景にした散策へご案内した後、首都エレバンのホテルへ。エレバンでも嬉しい2連泊です♪

アルメニアとキリスト教

アルメニアは、世界で最もキリスト教が早く広まった国と言われています。キリスト教の信仰とアルメニア人の生活と歴史は切り離すことができません。
美しい自然と点在するアルメニア教会がアルメニア旅行の見どころです!

アルメニアの観光地情報はこちら

  • アルメニア ゲガルト修道院(イメージ)
    アルメニア ゲガルト修道院(イメージ)
  • アルメニア アラガツ山(イメージ)
    アルメニア アラガツ山(イメージ)

アルメニア国旗6日目 アルメニアの世界遺産の修道院を見学

コーカサス山脈の大パノラマを車窓に眺めながら、
「ノアの方舟」伝説で有名なアララト山の麓に広がる
ホルヴィラップ修道院へ!

アルメニアといえばアララト山。日本人にとっての富士山と同じような存在でとても大切にされている山です。本日の観光はホルヴィラップ修道院からスタートです。ホルは『深い』、ビラップは『牢獄』という意味があります。世界遺産エチミジアン修道院を観光したら、ガルニ神殿へ。ギリシャ・ローマ文明の影響を受けた神殿はギリシャのような造りで西欧と東洋が交じり合った独特の雰囲気を醸し出していました。各教会では、石に彫りこまれた様々なデザインの十字架が飾られています。お気に入りのデザインを探してみてはいかがでしょうか。

  • アルメニア アララト山とホルヴィラップ修道院(イメージ)
    アルメニア
    アララト山とホルヴィラップ修道院(イメージ)
  • アルメニア 教会の十字架(イメージ)
    アルメニア 教会の十字架(イメージ)

アルメニア国旗ジョージア国旗7・8日目 大自然を満喫し、帰国の途へ

たくさんのコーカサスの美しい景色を胸に、
旅の終着点セバン湖へ…

山を抜けると、コーカサスの真珠と呼ばれるアルメニア最大の湖セバン湖とセバン修道院が見えてきました。階段を上がり、湖と山々の絶景が眼下に広がっています。
帰国が近づいてくると、お土産が気になります。アルメニアでは、高級ブランデー・コニャックのお土産が大変有名です。また教会のお土産屋さんでは、アルメニア名物のザクロをモチーフにした可愛らしいお土産がたくさん。
観光後は、国境を越えて1度エレバンへ戻ります。その後、たくさんの思い出を胸にカタール航空にて帰国の途へ。

8日間、お疲れ様でした!

  • アルメニア セバン修道院とセバン湖(イメージ)
    アルメニア セバン修道院とセバン湖(イメージ)
  • アルメニア ザクロをモチーフにしたお土産(イメージ)
    アルメニア
    ザクロをモチーフにしたお土産(イメージ)

上記掲載同行日誌は、現在は終了しております。
ご参加いただいたお客様からのご意見をもとに内容を改善し新しくし販売いたします。
現在販売中の類似コースは下記のリンクより詳細をご確認ください。

コース番号:18026『燃油サーチャージ不要/添乗員同行/2都市2連泊/6つの世界遺産 アゼルバイジャン・アルメニア・ジョージア コーカサス3カ国8日間』

ページTOPへ
海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員