アジア寄港地の魅力

※地図内の観光地名をクリックすると、詳細情報をご覧いただけます

  • シンガポール
  • クアラルンプール
  • 香港
  • プーケット
  • ハロン湾
  • チャンメイ
  • ペナン
  • ランカウイ
  • レムチャバン

日本から短時間のフライトで行ける身近なアジアのクルーズは、初めて船旅をされる方にも、クルーズ経験者の方にもおすすめです。日程も6日〜10日間が主なので、普段は休暇が取りにくい方でもご参加いただきやすいコースが多くございます。
アジア屈指のリゾート地をクルーズで効率的に観光できるのが魅力で、寄港地ではのんびりビーチでお過ごしいただくもよし、アクティブにマリンスポーツや街の散策にお出かけいただくもよし、船内サービスを利用しゆったりお過ごしいただくもよし…皆様のご希望に応じて旅行を楽しむことができます。さらに、お食事内容も、クルーズ船内はバリエーション豊富なので、初めての方でも安心です。

イメージ
香港(イメージ)

このページの先頭へ

  • シンガポール

    イメージ
    マリーナ・ベイ・サンズの夜景 ©ASEAN-Japan Centre(イメージ)

    今やシンボルともいえるホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」を始め、洗練された建物や「ガーデンシティ」とも称される緑の美しい街並みが魅力のシンガポール。経済成長著しいこの大都市は、何度訪れても旅人を飽きさせることなく、楽しませてくれることでしょう。

    この観光地に行くツアーを探す

  • クアラルンプール(マレーシア)

    イメージ
    ペトロナスツインタワー ©ASEAN-Japan Centre(イメージ)

    近年急激な近代化が進むマレーシアの首都・クアラルンプール。
    輝く摩天楼、活気あふれる市場、人々の聖地であるモスクや寺院など、新旧の町並みが隣り合わせで存在するエネルギッシュな大都市です。

    この観光地に行くツアーを探す

このページの先頭へ

  • 香港

    イメージ
    香港の夜景(イメージ)

    中国の中でも特別行政区に指定されている香港は、自由貿易地域でありながら700万人以上の人口を有する大都市。歴史が詰まった観光地から近代的なビル郡まで、様々な顔を持つ街して多くの人を魅了しています。

    この観光地に行くツアーを探す

  • プーケット(タイ)

    イメージ
    プーケット・プロンテップ岬(イメージ)

    東南アジアを代表するリゾートアイランドで、アンダマン海に面する最大の島です。滞在中は、港周辺の散策やビーチでゆっくりくつろいだり、船会社主催のオプショナルツアー(象乗り体験、プロンテップ岬の綺麗な景色を観賞)に参加したりと、過ごし方はさまざまです。

    この観光地に行くツアーを探す

このページの先頭へ

  • ハロン湾(ベトナム)

    イメージ
    ハロン湾(イメージ)

    山水画に似た景観から「海の桂林」との異名を持つ世界遺産・ハロン湾。湾内には数千の岩や島々が存在しています。人々はこれらの島々を「竜が吐き出した宝玉」と呼び、「竜の訪れる島」という意味を込めてハロン湾と名づけました。

    この観光地に行くツアーを探す

  • チャンメイ(ベトナム)

    イメージ
    ホイアンの街並み(イメージ)

    チャンメイはベトナム中部にある港町で、人気の観光地・ダナン、ホイアン、フエへの玄関口となっています。中でも、かつて日本人街があったことでも有名なホイアンは世界遺産にも登録され、心癒されるノスタルジックな街並が魅力です。

    この観光地に行くツアーを探す

このページの先頭へ

  • ペナン(マレーシア)

    イメージ
    ジョージタウン(提供:マレーシア政府観光局/イメージ)

    東洋の真珠と謳われるペナン島は2つの顔を持っています。ひとつは北部海岸のビーチリゾートとしての魅力、もうひとつは島の中心・ジョージタウンで、18世紀から英国極東貿易の拠点として繁栄したエキゾチックな街は世界遺産に登録されています。

    この観光地に行くツアーを探す

  • ランカウイ(マレーシア)

    イメージ
    ランカウイ(提供:マレーシア政府観光局/イメージ)

    マレー半島西海岸のアンダマン海に浮かぶランカウイ島は、太古の森とエメラルドの海に囲まれたリゾートアイランドです。99もの島からなり、数々の伝説が島内に残っている神秘的な島です。

    この観光地に行くツアーを探す

このページの先頭へ

  • レムチャバン(タイ)

    イメージ
    バンコク(イメージ)

    タイ中部「チョンブリー県」に位置する国際貿易港として開港したレムチャバンは、タイを代表する港湾のひとつであり、首都バンコクへの玄関口としても有名です。

    この観光地に行くツアーを探す

アジアクルーズ旅行・ツアーのアジア寄港地の魅力(シンガポール、マレーシア、香港、タイ)ならクラブツーリズムにお任せ!シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズ、マレーシア、香港、タイ、ベトナム、ホイアン、上海など、アジア屈指のリゾート地をクルーズで効率的に巡りませんか。日程も短く参加しやすいので初めて船旅をされる方にも、クルーズ経験者の方にもおすすめです。

▲アジア寄港地の魅力(シンガポール、マレーシア、香港、タイ)の先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員