クラブツーリズム TOP日本全国 温泉ツアー・旅行宮城県鳴子温泉

日本全国温泉特集

なるこおんせん

鳴子温泉

(宮城県大崎市)

鳴子温泉へのご旅行をお考えの方はクラブツーリズムの鳴子温泉ツアーがおすすめ!鳴子温泉の効能・魅力をご紹介いたします。

ツアーを探す

写真提供:宮城県観光課

温泉データ

効能:
神経痛、リウマチ、骨折、外傷、けいれん、炎症、アレルギー性疾患、慢性皮膚病、じんま疹、皮膚病、やけど、慢性関節リウマチ、腰痛、高血圧症、貧血症、気管支炎
泉質:
単純温泉、カルシウム−炭酸水素塩泉、ナトリウム−炭酸水素塩泉、ナトリウム−塩化物泉、硫酸塩泉、含アルミニウム泉、単純鉄泉、硫黄泉、単純酸性泉

観光地情報

絵付けができる日本こけし館や、緑色の潟沼、紅葉名所鳴子峡、美景の鳴子ダムなど心にしみるスポット多数。

おすすめポイント

千余年の歴史と日本屈指の多彩な泉質を誇る温泉。「奥の細道」で芭蕉も通り、源義経ゆかりの史跡も多数。

※この地図は「鳴子温泉郷観光協会」を示しております

  • 温泉の名物

    木地業者が子に与えた素朴な伝統こけし

    鳴子では、約200年前に木地業者が子にこけしを作って与え、山村の子どもの玩具として伝統を重ねた。「鳴子こけし」は、首を回すと音が鳴り、張った肩に、中ほどが細く、裾広がりの胴が特徴。「重ね菊」や「菱菊」の模様が多く、瓜実形の頭に、前髪とあどけない表情が描かれる。宮城県内5系統とともに「宮城伝統こけし」として国の伝統的工芸品に指定。白木に鮮やかな筆跡で描かれた乙女姿の愛らしさが、今また人気を呼んでいる。

  • 温泉のあれこれ

    「鳴子」にまつわる源義経の伝承

    源頼朝に追われ平泉へ向かった源義経は、身重の正室を連れていたとの伝承がある。亀割峠で弁慶が産婆役を務め「亀若丸」が誕生。亀若丸は産声をあげなかったが、河原の湯で産湯につかるとようやく泣き声をあげ、以来この地を「啼子(なきこ)」と呼び、現在の地名に繋がったという。鳴子温泉神社にその碑があるほか、陣ヶ森で野宿する一行に猿が甘酒を振る舞った話、「星沼」「尿前」の地名など、義経にまつわる数々の伝説がある。

ツアーを探す

※出発地によって、ツアーを取り扱っていない場合もございます。

  • 関東発
  • 東海発
  • 関西発
  • 北海道発
  • 東北発
  • 九州発

鳴子温泉の観光地情報はこちらから!鳴子温泉の効能・魅力をご紹介。クラブツーリズムのサイトではツアーの検索・ご予約も簡単です。

≫温泉特集TOPへ

▲鳴子温泉 宮城県 日本全国 温泉ツアー・旅行の先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員