クラブツーリズム TOP日本全国 温泉ツアー・旅行石川県和倉温泉

日本全国温泉特集

わくらおんせん

和倉温泉

(石川県七尾市)

和倉温泉へのご旅行をお考えの方はクラブツーリズムの和倉温泉ツアーがおすすめ!和倉温泉の効能・魅力をご紹介いたします。

ツアーを探す

和倉温泉(イメージ)

温泉データ

効能:
浴用:慢性関節リウマチ、慢性筋肉リウマチ、痛風、関節結核、神経痛(ことに坐骨神経痛)、神経炎、神経麻痺、腺病質又は虚弱児童、貧血(ことに萎黄病)、慢性婦人科疾患、飲用(本鉱泉を2倍に薄めて飲用):慢性胃カタル(ことに胃酸減少症)、胃腸アトニー、弛緩性便秘(冷却して飲用)、貧血症、肥胖症、腺病質
泉質:
ナトリウム・カルシウム−塩化物泉(高張性弱アルカリ性高温泉)

観光地情報

弁天崎公園からは能登島大橋を一望。和倉温泉総湯、湧浦乃湯壺、能登ふるさと館と散策気分で歩ける。

おすすめポイント

北陸唯一の海沿いの温泉で、品格あるもてなしに定評がある名湯。加賀野菜や山海の幸によるグルメも絶品。

※この地図は「和倉温泉観光協会」を示しております

  • 温泉の名物

    能登伝統の珍味は、海からの贈り物

    日本三大珍味のコノワタを凌ぐともいう能登自慢の名物は「干くちこ」。三味線のバチに似ていることから「バチコ」とも呼ばれている。ナマコの卵巣に塩をし、細縄にかけ、ひとつひとつ手作業で丁寧に三角に干しあげたもので、1枚作るのにナマコが50匹ほど必要になる高級珍味。軽く炙って、手で裂いて食べると、ひと噛みごとに口の中に、凝縮された海の滋養が広がってゆく。能登ならではの贅沢な酒のアテを、ぜひ味わってほしい。

  • 温泉のあれこれ

    海上に「涌浦の湯壷」を造成した加賀藩

    古くは薬師谷の湯谷にあった源泉が地殻変動で移動し、永承年間に海で湧く温泉が再発見され「涌浦」と呼ばれた。能登畠山氏は源泉を石囲いし取湯したといわれ、前田利家の従者により二間四方の石島が築かれている。1641年には加賀藩主の命で、湯口を囲った湯壷のある湯島が造成された。加賀藩の統制の下でも名湯の評判が高まり、湯島に手舟で通う湯治客も増え、やがて島も拡張。幕末には京の公家も訪れる著名な温泉地となっている。

ツアーを探す

※出発地によって、ツアーを取り扱っていない場合もございます。

  • 関東発
  • 東海発
  • 関西発
  • 北海道発
  • 東北発
  • 広島・九州発

和倉温泉の観光地情報はこちらから!和倉温泉の効能・魅力をご紹介。クラブツーリズムのサイトではツアーの検索・ご予約も簡単です。

≫温泉特集TOPへ

▲和倉温泉 石川県 日本全国 温泉ツアー・旅行の先頭へ

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員