クラブツーリズム TOP国内旅行を探す 飛行機・列車の旅北海道北海道 基本情報/気温・服装(冬)

  • 紋別(もんべつ)・ガリンコ号

    流氷のまち紋別。紋別港より出港する流氷砕氷船ガリンコ号Uは氷をガリガリと砕きながら進み、迫力の流氷クルーズを楽しめます。(接岸状況により流氷がご覧いただけない場合もございます)動画を見る

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 宗谷岬(そうやみさき)

    日本最北端の地碑と間宮林蔵の立像が並び「宗谷岬」の音楽が旅情を誘う稚内を代表するスポット。晴れた日には遠くサハリンの島影を望みます。新年1/1には花火の打ち上げや記念品プレゼントなどの初日の出イベントが催されます。

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 抜海港(ばっかいこう)

    稚内市内にある漁港抜海(ばっかい)港。多い時は約400頭もの野生のアザラシが観賞できます。野生動物たちの愛くるしい姿をお楽しみください。さらに晴天時は洋上に浮かぶ雪化粧の利尻山を望めるとっておきのスポットです。

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 旭山動物園

    日本最北の動物園は冬も元気!積雪時のみ開催されるペンギンのお散歩はペンギンたちが必死に歩く愛くるしい姿をご覧頂けます。動画を見る

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • おーろら

    流氷の観光に欠かせない、網走にある人気の流氷砕氷船「おーろら」。船の重みで氷を割って進みます。
    売店やイス・テーブルを備え、暖かい船内から流氷を楽しめます。動画を見る

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 鶴見台

    釧路湿原に生息する野生のタンチョウを、間近で見られる場所です。湿原で餌が取れなくなる冬の間、人が与える餌を求めてタンチョウたちが舞い降ります。仲睦まじくツガイで羽ばたく様子が微笑ましいです。

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 流氷街道

    網走〜根室までを走る国道244号線の中でも、網走〜ウトロ間のオホーツク海絶景ラインを私たちは「流氷街道」と呼んでいます。車道沿いに広がる流氷をバス内から眺めることができ、ヘリコプターや砕氷船、流氷ウォークなど多彩な体験ができるポイントです。

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 羅臼(らうす)

    雪と流氷に覆われる極寒の地で、天然記念物のオオワシ・オジロワシが悠々と羽ばたき、アザラシが氷上で休息をとっています。自然と共存する人々だからこそ、海からの恩恵を受けられるのです。動画を見る

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 札幌

    12月のホワイトイルミネーションから始まり、2月には雪まつりと大通公園はイベント尽くし。本州では味わえない雪景色の中の色彩豊かなイルミネーションの数々には思わずはっと息をのみます。動画を見る

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 函館

    異国情緒あふれる、元町坂が素晴らしいロケーションを一層生かし、約5万個のイルミネーションで光の回廊と変化します。

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 洞爺湖(とうやこ)

    昨年、洞爺湖温泉開湯100周年を迎えました。 さっぽろ雪まつり時期に合わせて、行われる洞爺湖上冬花火は、冬ならではの澄んだ空気の中での打上げ花火。この時期の洞爺湖畔宿泊者だけが愉しめる贅沢です。

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 支笏湖(しこつこ)

    冬の祭典、支笏湖氷濤まつり。 透明度の高い湖水で作られるナチュラルブルーの氷像の数々が印象的です。 夕方からは色とりどりのカクテルライトに照らされると、打ち上げ花火が上がり見るものをより一層魅了します。

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
北海道旅行を探すなら、こちらのメニューもおすすめです。
おすすめ北海道特集を見る
北海道行のページに戻る

平均気温・服装について

以下の情報は、目安です。気温など事前に確認の上ご準備ください。

東京札幌旭川網走
最高最低最高最低最高最低最高最低
4月 23.45.316.4-1.516.9-6.318.6-2.8
5月 28.510.527.62.230.5-0.432.1-0.2
6月 30.214.729.29.731.36.525.44.8
7月 35.421.033.115.932.613.128.613.1
8月 38.320.331.714.933.512.232.413.4
9月 35.715.728.66.626.71.629.57.2
10月 31.312.024.63.724.1-0.722.82.1
11月 21.55.916.4-3.015.9-6.417.3-3.8
12月 17.60.511.0-5.68.2-14.511.8-9.4
1月 14.4-1.42.7-12.20.0-20.10.6-17.8
2月 20.9-0.57.6-11.37.1-21.27.9-14.9
3月 25.33.29.0-7.813.2-16.911.2-11.0
  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

気温にあわせて、体温調節しやすい服装がオススメです♪

[4月]
雪解けが始まり、湿地ではミズバショウが咲き始めます。軽いコートか上着を羽織る程度の気温です。
[5月]
日光は暖かいですが、風はまだ冷たく、本州の4月くらいの気候です。上着はあったほうが良いでしょう。
[6月]
良い天気が続き、様々な花が一斉に咲き始めます。半袖で良い時もあるが、日によって異なります。
  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

気温にあわせて、体温調節しやすい服装がオススメです♪

[7月]
日中は半袖でも大丈夫ですが、夜間の外出や山や湖への散策の場合は、薄手の上着があると安心です。
[8月]
内陸では日差しが強く、海岸線で時折霧が出ます。お盆過ぎから急に気温が下がり始めます。
  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

気温にあわせて、体温調節しやすい服装がオススメです♪

[9月]
内陸では日差しが強く、海岸線で時折霧が出ます。お盆過ぎから急に気温が下がり始めます。
[10月]
中旬頃から朝夕肌寒くなります。下旬には、山側から紅葉が始まります。
[11月]
中旬頃、平地で紅葉が最盛期を迎えます。山では初雪が降り始め、朝夕は吐く息が白くなって、セーターとコートが必要になります。 
  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

気温にあわせて、体温調節しやすい服装がオススメです♪

[12月]
下旬頃から根雪(降り積もった後、雪解けの季節になるまで融けずに残ること)になります。 オーバーコートや手袋、冬靴(または滑り止めつきの靴)が必要です。
[1-2月]
天気が変わりやすい時期。道央や大雪地方では雪が多く、十勝や道東は特に気温が低くなります。ジャンパーやコートはフード付が便利。マフラー、手袋、帽子などで、体の先を暖めると効果的です。
[3月]
朝夕の気温差が激しい頃です。脱ぎ着しやすい服装で温度調節をすると良いでしょう。コートはまだ必要です。

あると便利

着脱可能なすべり止め

「滑り止めバンド」は金属製スパイクのついたベルトを通常の運動靴などのつま先とかかとに装着し、転倒を防止するための器具です。簡単に脱着でき、持ち歩きも簡単なのでとても便利です。北海道に限らず雪国へ旅行された際には何度でもご利用頂けます。是非この機会にご検討ください!

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員