クラブツーリズム TOP国内旅行を探す 飛行機・列車の旅北海道北海道 基本情報/気温・服装(秋)

  • 利尻島・オタトマリ沼

    北海道銘菓のパッケージモデルになったとされる利尻島屈指のビュースポット。利尻島のシンボル、日本最北の百名山・利尻富士が黄金色に光り輝くのは一年のうちでこの時期だけです。

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 礼文島・澄海岬(すかいみさき)

    礼文島の西海岸の景勝地。エメラルドグリーンの澄んだ海の色が美しく、島ならではの海岸線や季節の花もご覧いただけます。
    礼文島にきたら必ず訪れたい名所です。動画を見る

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 旭山動物園

    全国的にも有名な日本最北の動物園!ほっきょくぐま館ではクマが私たち人間の頭を餌と思ってダイブ!動物本来の生態を見ることができる行動展示発祥の動物園です。動画を見る

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 稚内駅

    JR北海道&宗谷本線の終点で、日本最北の駅(北緯45度24分44秒)。日本最南の鹿児島県指宿駅と姉妹駅でもあります。日本最北端の地碑がある「宗谷岬」とあわせて訪れたい場所です。

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 阿寒湖

    阿寒湖は9月下旬〜10月中旬にかけて紅葉が見られます。滝口と呼ばれる阿寒川の源流となる滝の周辺は、多彩の木々と草花が鮮やかに紅葉し、また湖畔から見る雄阿寒岳は、黄赤橙等の見事な色彩を作り出しています。

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 釧路湿原

    広大な釧路湿原の紅葉を楽しむには、『くしろ湿原ノロッコ号』がオススメです。絶景ポイントをゆっくり走りながら、車窓からの紅葉風景を楽しむことができます。

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 知床五湖

    一湖まで続く長い遊歩道が整備され、紅葉の原生林に囲まれた一湖と雄大な知床連山の絶景を楽しむことができます。運が良ければ野生のエゾシカやキツネに出会うことも。

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 美瑛(びえい)

    ヨーロッパの田舎を思わせる丘風景や春〜秋にかけて一面の花畑が見られる美瑛。秋もコスモスやキラカシなどの花が見られ、遠くに十勝岳連峰の紅葉を望むことが出来ます。

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 小樽(おたる)

    運河沿いの散策はもちろんのこと、隠れ家的な喫茶店やカウンターだけのお寿司屋さん。ロマンの街並みに自分だけのプライベートスポットを見つけるのも楽しみです。

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 登別温泉

    にっぽんの温泉100選(観光経済新聞社)では常にトップ3位にランクインする人気の温泉地。温泉街に入ると、温泉場らしい硫黄のかおりが、皆様を歓迎します。
    近年ではアジア圏のお客様も多く訪れるようになり、「世界の登別」と呼ばれる日もそう遠くありません。

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 洞爺湖(とうやこ)

    ジオパーク登録をされた洞爺湖では10月の中旬から下旬が湖畔の木々が色づく紅葉の見ごろ。洞爺湖温泉宿泊では、ロングラン花火大会や星空観測など夜のイベントも。

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
  • 函館夜景

    光り輝く夜景と異国情緒漂うロマンチックな街。津軽海峡と函館港に挟まれた市街は美しく湾曲していて、「日本三大夜景」に数えられています。海の幸も豊富な函館朝市や、箱館戦争の激戦地でもある星型の城郭・五稜郭公園など観光名所が点在します。

    ツアーの検索はこちら
    ≫関東発
    ≫東海発
    ≫関西発
    ≫北海道発
    ≫九州発
北海道旅行を探すなら、こちらのメニューもおすすめです。
おすすめ北海道特集を見る
北海道行のページに戻る

平均気温・服装について

以下の情報は、目安です。気温など事前に確認の上ご準備ください。

東京札幌旭川網走
最高最低最高最低最高最低最高最低
4月 23.45.316.4-1.516.9-6.318.6-2.8
5月 28.510.527.62.230.5-0.432.1-0.2
6月 30.214.729.29.731.36.525.44.8
7月 35.421.033.115.932.613.128.613.1
8月 38.320.331.714.933.512.232.413.4
9月 35.715.728.66.626.71.629.57.2
10月 31.312.024.63.724.1-0.722.82.1
11月 21.55.916.4-3.015.9-6.417.3-3.8
12月 17.60.511.0-5.68.2-14.511.8-9.4
1月 14.4-1.42.7-12.20.0-20.10.6-17.8
2月 20.9-0.57.6-11.37.1-21.27.9-14.9
3月 25.33.29.0-7.813.2-16.911.2-11.0
  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

気温にあわせて、体温調節しやすい服装がオススメです♪

[4月]
雪解けが始まり、湿地ではミズバショウが咲き始めます。軽いコートか上着を羽織る程度の気温です。
[5月]
日光は暖かいですが、風はまだ冷たく、本州の4月くらいの気候です。上着はあったほうが良いでしょう。
[6月]
良い天気が続き、様々な花が一斉に咲き始めます。半袖で良い時もあるが、日によって異なります。
  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

気温にあわせて、体温調節しやすい服装がオススメです♪

[7月]
日中は半袖でも大丈夫ですが、夜間の外出や山や湖への散策の場合は、薄手の上着があると安心です。
[8月]
内陸では日差しが強く、海岸線で時折霧が出ます。お盆過ぎから急に気温が下がり始めます。
  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

気温にあわせて、体温調節しやすい服装がオススメです♪

[9月]
内陸では日差しが強く、海岸線で時折霧が出ます。お盆過ぎから急に気温が下がり始めます。
[10月]
中旬頃から朝夕肌寒くなります。下旬には、山側から紅葉が始まります。
[11月]
中旬頃、平地で紅葉が最盛期を迎えます。山では初雪が降り始め、朝夕は吐く息が白くなって、セーターとコートが必要になります。 
  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

気温にあわせて、体温調節しやすい服装がオススメです♪

[12月]
下旬頃から根雪(降り積もった後、雪解けの季節になるまで融けずに残ること)になります。 オーバーコートや手袋、冬靴(または滑り止めつきの靴)が必要です。
[1-2月]
天気が変わりやすい時期。道央や大雪地方では雪が多く、十勝や道東は特に気温が低くなります。ジャンパーやコートはフード付が便利。マフラー、手袋、帽子などで、体の先を暖めると効果的です。
[3月]
朝夕の気温差が激しい頃です。脱ぎ着しやすい服装で温度調節をすると良いでしょう。コートはまだ必要です。

あると便利

着脱可能なすべり止め

「滑り止めバンド」は金属製スパイクのついたベルトを通常の運動靴などのつま先とかかとに装着し、転倒を防止するための器具です。簡単に脱着でき、持ち歩きも簡単なのでとても便利です。北海道に限らず雪国へ旅行された際には何度でもご利用頂けます。是非この機会にご検討ください!

海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員