クラブツーリズム TOP海外旅行を探すラオス

海外旅行情報

ラオス

基本情報

基本情報
国名 ラオス人民民主共和国
首都 ビエンチャン
時差 日本との時差は-2時間。
ラオスの方が遅れています。サマータイム制は実施されていません。
出国手続き

【ビザ(査証)】
不要: 14泊15日以内の観光は査証不要。

【パスポート】
入国時6ヵ月以上必要。

【出入国カード】
必要、【税関申告書】必要

言語 ラオ語
気候 大きく分けて3つの季節があります。
暑季(3〜5月):日中は35℃近くまで気温が上がります。
雨季(6〜10月):スコールが降るようになり気温は少し下がります。
乾季(11〜2月):日中は25℃以上になるが朝晩は気温が下がり過ごしやすくなります。

気候グラフ

服装・持ち物 ◆ラオスは、熱帯モンスーン気候のため1年を通して、夏服で大丈夫です。正装の必要はございませんので、動きやすい服装をお勧めします。しかし、寺院や遺跡観光の際は、肌の露出を控えた服装が望ましいです。日差しが強い地域なので、帽子、サングラス、日焼け止めなど日よけ対策が必要です。
◆歩きやすいお靴をご用意下さい。主な観光地で、ルアンプラバンのプーシーの丘、パクオウ洞窟、クアンシーの滝、チャンパサックのワット・プーで歩きますので動きやすい格好でご準備下さい。
◆寺院の観光の際に、靴を脱いで内部に入ります。汚れてもよい靴下を用意されると良いでしょう。
お金
通貨 【通貨単位】
ニューキープ

【換算レート】
1キープ≒約0.01 円

両替 日本から米ドルの小額紙幣をご用意下さい。なお、現地では日本円から現地通貨または米ドルへの両替はできませんのでご注意下さい。ラオスの都市部のホテルのフロント・街の両替所にて、米ドルからラオスキープへの両替が可能です。但し、米ドルが有利ですので、そのまま米ドルをお使いください。クレジットカードは使用できる場所が限られているため使い勝手はあまりよくありません。
生活情報
飲み物 生水は口にしないでください。飲料にはミネラルウォーターをご利用ください。
ミネラルウォーターは、ホテルやレストランで購入できます。
電気製品

プラグC型

【電圧】
220V 50HZ

【プラグ】
プラグCタイプが主流。日本から電化製品を持っていく場合は、変圧器とアダプターが必要です。

習慣・マナー
チップ ラオスでは一般にチップの習慣はありませんが、一部ホテルでは慣習となりつつあります。心付け程度置けば十分です。
注意点 ◆仏教の教えで頭を触ったり、女性の僧侶に触れたりすることはタブーとされています。

ラオス基本情報

関連特集
ラオス特集

ツアーを探す

コース番号で探す

-

キーワードで探す

お好きな項目から自由に検索してください

該当条件のツアー数
-
件
出発地
方面
国名
都市名
出発日

カレンダーカレンダー

カレンダーマークをクリックするとカレンダーから選択できます。

出発決定しているツアーを検索

出発曜日

(複数選択可)

旅行日数
予算
航空会社
添乗員
ブランド
テーマ
例)おひとり参加可能な旅
キーワード

例)イタリア ひとり参加

該当条件のツアー数
-
件
  • 前のページに戻る
海外旅行:
国内旅行:
バスツアー:
テーマ旅行:
クルーズの旅:
発地ページ:

このホームページの著作権は、クラブツーリズム株式会社に帰属します。
ホームページに掲載されているテキスト、画像等の無断転載は固くお断りいたします。
このサイトで使用している写真・イラストはすべてイメージです。

  • e-TBT J05-01001693-01日本旅行業協会交付 club-t.com内のみ有効
  • JATA ボンド保証会員
  • 旅行業公正取引協議会会員