該当の出発地をお選びください

現在、出発地の対象エリアは
関東版<東京23区>で設定されております。ご出発地を変更する場合は、 該当の地域をプルダウンより選択してください。

閉じる

インターネット会員 ログイン

はじめての方はこちら

閉じる

会員メニュー いつもご利用ありがとうございます。

閉じる

全国花火大会ツアー・旅行2017

花火写真家・金武 武氏撮影写真ギャラリー

大曲(おおまがり)全国花火競技大会

大曲(おおまがり)全国花火競技大会

煙火業者が選りすぐりの玉を持って集まり自らの手で花火を打上げる競技大会です。種目は「昼花火の部」「10号玉の部」「創造花火(スターマイン)」がありどの部門でも最高の技で作られた花火が観覧できます。総合優勝者には内閣総理大臣賞が授与されます。

※専用特集ページへ遷移します。

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会

新潟県の三大花火大会の一つで海の花火と呼ばれているのが「ぎおん柏崎まつり海の大花火大会」です。「海中空スターマイン」「ワイドスターマイン」「尺玉100発一斉打ち」「怒涛の尺玉300連発」など、大迫力の花火が目白押しです。

諏訪湖新作花火大会

諏訪湖新作花火大会

名前の通り各煙火業者さんが研究を重ねた新作花火を披露する競技大会です。各社がイメージに合わせた音楽と共に趣向を凝らした自信作を打ち上げます。ラストの水上スターマインの迫力に圧倒されるでしょう。

長岡まつり大花火大会

長岡まつり大花火大会

新潟県の三大花火大会の一つで川の花火と呼ばれています。広い川幅を目一杯使って行われる数々のワイドスターマインは視界に入りきらないほどです。復興祈願花火として打ち上がるフェニックス花火では感動で涙が溢れます。

神明(しんめい)の花火大会

神明(しんめい)の花火大会

色鮮やかで美しい花火が次々と打ち上がります。花火の色の豊かさにきっと驚くことでしょう。音楽と共に打ち上がるミュージック花火や大きな二尺玉など見どころ満載です。まだあまり知られていませんが一押しの花火大会と言っても過言ではありません。

片貝まつり奉納大煙火(だいえんか)

大曲(おおまがり)全国花火競技大会

新潟県の三大花火大会の一つで山の花火と呼ばれています。基本の花火が尺玉という何とも贅沢な花火大会です。最大の見せ場は世界一の四尺玉です。二日間で一発ずつ打ち上げられ空全体を覆うほどの迫力です。

長野えびす講煙火(こうえんか)大会

長野えびす講煙火(こうえんか)大会

晩秋の花火として有名です。えびす講を観ずして年は越せないと思うほど素晴らしい花火が次々と打ち上がります。中でも圧巻なのはワイドスターマイン。上空に打ちあがる花火のみならず噴出花火の演出の見事さは「美しい!」の一言に尽きます。

隅田川花火大会

隅田川花火大会

日本で最初に開催された「大江戸川開き花火大会」が前身です。江戸時代から続く貴重な花火大会です。競技大会として行われ、煙火業者さんは各社選りすぐりの花火を打ち上げます。屋形船から観るもの風情があっておすすめです。

燃えよ!商工会青年部!!こうのす花火大会

燃えよ!商工会青年部!!こうのす花火大会

若い青年会議所の皆さんが力を合わせて開催されている花火大会です。前半はゆったりとした流れで進められ後半の激しい演出へと続きます。数年前から四尺玉に挑戦しており、花火の玉の重さでギネスブックに載っています。

土浦全国花火競技大会

土浦全国花火競技大会

競技大会として行われ、全国でも二ヶ所しかない内閣総理大臣賞が授与される花火大会です。煙火業者さん達は選りすぐりの花火を打ち上げてくれます。スターマインの部、10号玉の部、創造花火の部に分かれており総合で内閣総理大臣賞が決まります。

伊勢神宮奉納全国花火大会

伊勢神宮奉納全国花火大会

伊勢神宮に奉納する為の花火大会です。地元では宮川の花火として親しまれています。競技大会として行われ、打上花火の部、スターマインの部に分かれています。40社以上の煙火業者さんの花火が一堂に会する贅沢な花火大会です。

熱海海上花火大会(夏)

熱海海上花火大会(夏)

熱海では毎月1回、花火大会が開催されています。時間は短いですが見応えは充分です。オープニングを飾る華やかなスターマイン、コンピュータ制御を駆使したデジタルスターマイン、ラストは大迫力の大空中ナイアガラです。

熊野大花火大会

大曲(おおまがり)全国花火競技大会

亡くなった方に対する追善供養として打ち上げられる花火大会です。名家ともなれば数百万円を投じるとも聞きました。国の名勝天然記念物である鬼ヶ城から打ち上げる「鬼ヶ城大仕掛け」や直径約600mにも広がる「三尺玉海上自爆」など迫力満点です。

豊田おいでんまつり花火大会

豊田おいでんまつり花火大会

花火大会全体を通して起承転結があり、華やかなスターマインと丁寧に打ち上げる単発花火をバランスよく組み合わせた花火大会です。三河地方伝統の手筒花火や花火師の技が光る芸術玉の打ち上げもお見逃しなく。後半は音楽と共に見事なワイドスターマインが楽しめます。

豊橋手筒花火特別放揚

豊橋手筒花火特別放揚

三河地方伝統の手筒花火発祥の地、吉田神社で行われる豊橋祇園祭は450年の歴史を持っています。吉田神社氏子の男衆が自分で作った手筒花火を自ら放揚し五穀豊穣を願って神社に奉納します。日本古来の黒色火薬を使った美しい色が特徴です。

豊橋祇園花火大会

豊橋祇園花火大会

吉田神社で前日の手筒花火を放揚した氏子の男衆達が中心となり打ち揚げを行います。会場となる豊川には川舞台が浮かべられ舞台上では手筒花火も観られます。丁寧に打ち上げられる大玉花火や華やかなスターマイン、ワイドスターマインも見どころです。

やつしろ全国花火競技大会

やつしろ全国花火競技大会

昨年は熊本地震で大きな被害を受け開催も危ぶまれましたが復興祈願花火として見事に開催されました。今年は第30回の記念大会でもあり期待できます。競技大会として行われ、5号玉の部、10号玉の部、九州のスターマインの部があります。ワイドスターマインも見事です。

関門海峡花火大会

関門海峡花火大会

関門海峡を挟んで山口県下関港側と福岡県北九州市門司側で同時開催されます。集客人数が日本で二番目に多い花火大会です。見どころは海峡という場所を生かした水中花火や直径約450mにも開く1.5尺玉、また復興祈願花火としてフェニックス花火も打ち上げられます。

ふくろい遠州の花火

ふくろい遠州の花火

ここでは全国花火名人選抜競技大会が行われます。創作逸品花火の部、8号玉2発とスターマインの部に分かれており煙火業者が自慢の花火を披露しその技を競います。ラストの銀冠菊のスターマインは圧倒的な迫力で観覧席を揺るがす勢いです。

金武 武氏オススメ花火大会

ここだけは外せない!一度は行ってみたい有名花火大会

熊野大花火大会(三重県)

(C)K.Takeshi

<金武オススメポイント>
海上で放たれる、直径650mのドーム状の花火は大迫力!

目玉は何と言っても「三尺玉海上自爆」。イカダの上に乗った三尺玉花火に火を付け、イカダごと開花させます。直径650mもの大きな花火が、空中ではなく水中で開花し、美しい花火がドーム状に広がる様は迫力満点です!

長岡まつり大花火大会(新潟県)

(C)K.Takeshi

<金武オススメポイント>
復興への想いを込めた3分以上に及ぶスターマイン!

2004年の新潟中越地震の復興を祈願して翌年から打ち上げられ始めた花火「フェニックス」。「不死鳥のように甦る」というメッセージが込められています。流れる音楽に合わせて2km以上の幅で打ち上がる美しく力強いスターマインに、誰もが心を打たれてしまうはずです!

片貝まつり奉納大煙火(新潟県)

(C)K.Takeshi

<金武オススメポイント>
ギネスにも登録された直径800mの世界一大きな花火!

世界最大の四尺玉を打上げます。四尺玉の開花直径は800mにも広がり、開花の瞬間は凄まじい振動で身体が包み込まれます。片貝まつりは二日間行われ一日一発の四尺玉を打ち上げます。二日目に打ち上げる四尺玉の玉名は「昇天銀竜黄金千輪二段咲き」。上空で開花した直後に小さな花火が無数に開花する千輪菊タイプ。一度は体験して頂きたい花火です。

普通の花火じゃ物足りない!花火通向け花火大会

豊橋手筒花火特別放揚

(C)K.Takeshi

人が筒状の花火を抱えて吹き上げる大迫力の花火です。

諏訪湖全国新作花火競技大会

(C)K.Takeshi

毎年、創意工夫をこらした花火を楽しむことができます。

神明の花火大会

(C)K.Takeshi

パステルカラー等、美しい色合いの花火が沢山上がります。

スマホで花火を上手に撮る方法

1.事前準備

花火大会のプログラムを確認する。
花火大会ではいつどんな花火が打ち上がるか、webや会場でプログラムを入手できる場合があります。事前に打ち上がる花火の種類がわかっていればシャッターチャンスを逃すことも少ないので、まずはプログラムを見て全体像を掴んでおきましょう。

2.構図

最初の花火で撮影の位置を合わせ、画面いっぱいに撮る。
開始直後の花火を撮ろうとするよりも、最初は構図を合わせることに専念しましょう。大体の花火が上がる位置を確認できたら、そこに合わせて次に上がる位置を確認して構えます。花火全体が画面いっぱいにしっかり入るようにズームで調整しましょう。

3.タイミング※機種によりできない設定もあります。

花火が開いたタイミングを捉える。
シャッターボタンから指を離した瞬間にシャッターが切られるスマホの場合、打ち上がる前からシャッターボタンに指を触れておき、開花直前、もしくは開花と同時に指を離すことで花火が満開になった瞬間を捉えることができます。何度か練習してベストなタイミングで撮影できるようになりましょう。

4.設定※機種によりできない設定もあります。

ISO感度は低めに設定。
暗闇の中で撮影するので、初期設定のまま撮影すると明るさが合わなかったり、ブレてしまったりしてせっかくのキレイな花火が台無しになってしまいます。ISO感度(カメラが光をとらえる能力を表す数値)を設定できる場合は、明るい花火を撮影する場合は100程度の低い数値にします。「夜景」や「花火」などのモードを選択できる場合はそちらでもOKです。

金武 武氏プロフィール

イメージ

金武 武氏

1963年神奈川県横浜市生まれ。
写真の技術を独学で学び30歳で写真家として独立。
打上げ花火を独自の手法で撮り続けている。
写真展、イベント、雑誌等、メディアでの発表を続け、花火の解説や講演会、花火撮影ツアーの依頼が増ている。
2016年には花火打上従事者の資格を取得。

★博報堂WEBサイト「ONESTORY」 コラム連載中
★ビジュアルブック「眺望絶佳の打ち上げ花火」発売中
★ムック本「超 花火撮影術」 発売中(電子書籍も有)
★DVD 「デジタルカメラ 花火撮影術」 Amazonにて発売中

関連特集

旬のおすすめ特集

ページ上へ