該当の出発地をお選びください

現在、出発地の対象エリアは
関東版<東京23区>で設定されております。ご出発地を変更する場合は、 該当の地域をプルダウンより選択してください。

閉じる

インターネット会員 ログイン

はじめての方はこちら

閉じる

会員メニュー いつもご利用ありがとうございます。

閉じる

紅葉ツアー・旅行2017

近畿エリアの紅葉名所スポット

湖東三山(滋賀県)
例年の紅葉見頃:11月中旬〜11月下旬

イメージ

(イメージ)

三古刹を染める 滋賀の紅葉名所
それぞれの歴史、それぞれの美しさ・・・

「西明寺」「金剛輪寺」「百済寺」の三つの天台宗寺院を総じて「湖東三山」と呼ばれ、琵琶湖の東、鈴鹿山脈の西に位置しています。「永源寺」と共に紅葉の名所として多くの人が訪れます。

■西明寺(さいみょうじ)
平安時代、仁明(にんみょう)天皇の勅願により三修上人が開山したと伝えられています。
平安・鎌倉・室町時代を通じて祈願・修行(しゅぎょう)道場として栄え、織田信長による兵火も幸い免れ、飛騨の匠によって建立された本堂や三重塔や二天門が今もなお残されています。
本堂は、鎌倉時代初期に建立されたもので、釘を一本も使わない純和風建築です。
鎌倉の様式が美しく保存されていることが評価され、国宝第一号に指定されています。

■金剛輪寺(こんごうりんじ)
奈良時代に聖武(しょうむ)天皇の勅願により行基が開山。
源義経が木曽義仲追討の「武運必勝」を願い太刀を寄進したり、北条時宗が佐々木頼綱に命じて元軍降伏の祈願をしたという伝説が残されています。
本堂「大悲閣」は、鎌倉時代の和様建築の代表とされ、国宝に指定されており、山門から本堂まで続く石段は、山岳城郭であったころの趣が感じられる建築となっています。

■百済寺(ひゃくさいじ)
近江国の最古級寺院。今から1400年の昔、推古14年(606年)に、聖徳太子によって百済国の「龍雲寺」を模して創建されたといわれ、「龍雲寺」と「百済寺」の本尊は同一の巨木から彫られた「同木二体」の十一面観世音菩薩と伝えられています。
宣教師ルイス・フロイスが「地上の天国」と絶賛した「百済寺」は、別名『百彩寺』と呼ばれます。

列車・飛行機で行くツアー

※出発地によってツアーのお取り扱いがない場合もございます

まだまだあります!紅葉ツアー特集

  • 香嵐渓ツアー特集
  • 京都紅葉ツアー特集
  • 四季の華 秋の彩を楽しむ紅葉旅行

その他のエリアから探す

ページ上へ