該当の出発地をお選びください

現在、出発地の対象エリアは
関東版<東京23区>で設定されております。ご出発地を変更する場合は、 該当の地域をプルダウンより選択してください。

閉じる

インターネット会員 ログイン

はじめての方はこちら

閉じる

会員メニュー いつもご利用ありがとうございます。

閉じる

アメリカ西海岸旅行・ツアー

Pick Up!アメリカ西海岸人気観光地

トンネルビューポイント(イメージ)トンネルビューポイント(イメージ)

ヨセミテ国立公園とは

イメージ

バレービューポイント(イメージ)

ヨセミテ国立公園は1890年に国立公園に制定された全米で最も人気のある国立公園の一つで、年間400万人以上の観光客が訪れる緑が多い国立公園です。

カリフォルニア州シエラネバダ山脈の中央部に位置しており、サンフランシスコからは車で約3時間半、ロサンゼルスからは約6時間の場所に位置しており、面積は東京都の約1.5倍。1984年にユネスコの世界遺産に登録されました。青い空、岩肌の白、また深い木々や裾野に広がる草原の緑とのコントラストが織り成す絶景が美しく、観光客の心を鷲掴みにして離しません。全面積の90%以上がまだ手つかずの自然でそのまま残っており、とても魅力的な国立公園です。

カリフォルニア観光局より

イメージ

氷河によりU字型の渓谷となったこの公園は、クライマーに人気のエルキャピタンやハーフドームなど見どころ満載。グレイシャーポイントからの眺めは圧巻です。季節ごとにまったく異なる光景もヨセミテの魅力のひとつ。年間400万人もの観光客が訪れていますが、1度ここを訪れれば、人々が何度もここに戻ってくる理由がきっと理解できるはずです。連泊してこのヨセミテ国立公園の魅力を十分に堪能することをお勧めします。

カリフォルニア観光局日本代表
マージョリー・L・デューイ

ヨセミテ国立公園 おすすめツアー

クラブツーリズムのこだわりポイント

グレイシャーポイントツアー

グレーシャーポイント(イメージ)グレーシャーポイント(イメージ)

グレイシャーポイントとは、

自然が造った標高2,199mのパノラマ展望台で、ヨセミテのシンボルとも言えるハーフードームが間近に見ることができます。ヨセミテバレーから車で片道1時間30分かけて山を上っていくため、ヨセミテにじっくり滞在するツアーでご案内する絶景観光地です。冬季の間は雪のため道路が封鎖されてしまい、例年5月中旬〜10月上旬までのご案内となります。

ミニハイキング

イメージ(イメージ)
1.ヨセミテ滝ミニハイキング
歩行時間:約1時間/歩行距離:約800m/標高差:約40m

ヨセミテロッジから気軽に参加できるミニハイキングです。足元も歩きやすくほとんど舗装されています。ヨセミテ滝の近くまで行くと、轟音とともに水しぶきが吹き上げていて、マイナスイオンたっぷりでさわやかな気持ちになれるミニハイキングです。
※ヨセミテ滝の見頃は、例年6月上旬頃までとなります。
※悪天候の場合はご案内できない場合がございます。

イメージ(イメージ)
2.マーセドリバーミニハイキング
歩行時間:約1時間/距離約2.5km/標高差:ほぼ平坦

ヨセミテロッジからマーセド川沿いを歩くミニハイキングです。ほぼ平坦な道のりで歩きやすく、お気軽にご参加いただけます。ヨセミテの雰囲気をたっぷりと味わっていただけるミニキングです。

ちょこっとコラム

イメージ上 ハナミズキ/下 リス(イメージ)
ヨセミテのお花と動物
緑が美しいヨセミテですが、ちょっと目線を足元に落とすとかわいらしいお花が顔を覗かせています。写真はハナミズキです。

見頃は例年5月〜6月です。(※見頃は毎年前後します)ヨセミテ観光の際は、たまに足元に視線をみてはいかがでしょうか。かわいらしいお花が咲いているかもしれませんよ。
また、動物がたくさん見られるのも国立公園観光ならではの醍醐味。特にヨセミテには、写真のリスや野鳥など見ることができます。愛らしい姿に思わず手が伸びますが、野生のリスは、狂犬病を持っている可能性がございます。可愛いからといって不用意に近づくと危険ですので現地ではお気をつけください!

ちょっと足を伸ばして 〜セコイア国立公園〜

  • セコイア国立公園看板(イメージ)
    セコイア国立公園看板
    (イメージ)
  • シャーマン将軍の巨木(イメージ)
    シャーマン将軍の巨木
    (イメージ)
ヨセミテ国立公園から比較的近くに位置するセコイア国立公園。

樹齢2000年の巨木の森が特徴的な国立公園でアメリカに2番目に古い国立公園です。ヨセミテから比較的近くにありますが、交通の便が悪いのでなかなか訪れることのない国立公園の1つです。
下のシャーマン将軍の巨木は、ジャイアントフォレストにあり、「現存する地上最大の生物」として有名です。(幹の体積が地上最大ということだそうです)ご自身の目で、その大きさを確認してみてはいかがでしょうか。

Pick Up!アメリカ西海岸人気観光地

その他のアメリカ特集はこちら

ページ上へ