該当の出発地をお選びください

現在、出発地の対象エリアは
関東版<東京23区>で設定されております。ご出発地を変更する場合は、 該当の地域をプルダウンより選択してください。

閉じる

インターネット会員 ログイン

はじめての方はこちら

閉じる

会員メニュー いつもご利用ありがとうございます。

閉じる

ベルサイユ宮殿
(フランス)

ベルサイユ宮殿

ベルサイユとは

ベルサイユ宮殿の所在地

フランス北部、パリの南西22kmほどに位置している都市、ベルサイユ。

17世紀に、フランス宮廷文化の象徴的存在である世界遺産「ベルサイユ宮殿」が建築され、1789年にフランス革命によって国王一家が退去するまでの間、政治・権力の中心として機能し続けました。

当時の一流の芸術家や建築士を集めてつくられたその豪華絢爛な宮殿と広大で美しい庭園は世界中から支持されており、今でも、年間約400万人の観光客が訪れる観光地です。

ベルサイユ宮殿

フランス王ルイ14世が、1682年に建造したベルサイユ宮殿は、バロック建築の代表作ともいわれ、豪華な宮殿と美しい広々とした芸術的な庭園が有名です。
王と親族の住まいとなっていた宮殿、宮殿の後ろに広がる庭園、また、庭園の更に奥にあるルイ14世の別荘大トリアノン宮殿やルイ16世が王妃マリー=アントワネットのために建てた小トリアノン宮殿など見所がたっぷりつまったベルサイユ宮殿について、ご案内します。

宮殿について

建築からフランス革命までの間、政治・権力の中心となっていた宮殿である、ベルサイユ宮殿の中には、約700以上の部屋があります。王太子妃の居殿である、「大広間」や、王太子や王太子妃の寝室など数多くの部屋があり、宮殿内を全て回るだけでも半日を要するという広さです。
その中でも特に有名なのが「鏡の間」と呼ばれる、600枚近い鏡を使った空間です。73mに及ぶその空間は、部屋というよりは長い廊下のような印象を受けます。

ルイ14世が情熱を注いだ噴水庭園

宮殿の建築中、毎日のように工事現場を見て回ったというルイ14世が特に気に入っていたのが庭園です。みずから散策の手引書を作成するほど愛したこの庭園の設計は、「庭師の王」と称された天才造園家ル・ノートル。約800ヘクタールの広大な敷地に点在する噴水や運河、散歩道や木立にルイ14世の情熱を感じます。

大トリアノン宮殿

宮殿の北東方面にある2つの離宮、「トリアノン」。そのひとつ、「大トリアノン宮殿」はルイ14世が愛人と過ごすために建てられたという別荘です。
ルイ14世の指示に忠実に従った、大トリアノン宮殿を建築した建築士マンサールはこの大トリアノン宮殿を「薔薇色の大理石と斑岩でできた小さな宮殿と快適な庭園」と表現しています。

小トリアノン宮殿

トリアノンのもう一つが小トリアノン宮殿(プチ・トリアノン)です。
小トリアノン宮殿はルイ15世が公妾・ポンパドゥール夫人のために建造し、その後ルイ16世が王妃マリー=アントワネットに与えた宮殿です。
また、彼女の指示により、小トリアノン宮殿の庭はイギリス式につくられ、その経緯からはこの庭は日本語で「王妃の村里」と訳されています。

ページ上へ